大型プロジェクト

新あま市民病院新築工事

2015年10月23日

 新あま市民病院新築工事

 

工事場所:愛知県あま市西今宿馬洗63-1
工期:2013年11月23日~2015年7月31日
発注者:あま市


【工事概要】

構造規模:RC造 地下1階、地上4階(免震構造)、塔屋1階、防災蓄電池
建築面積:4,936.46㎡
延床面積:19,927.34㎡
駐車台数:約320台(敷地内駐車場208台(屋外96台地下112台)、敷地外駐車場112台)


本工事は、地震災害時に病院機能を維持するため、大地震後においても構造躯体の損傷を生じず、建物内の医療機器等の転倒・落下による被害を低減する免震構造を採用しています。
洪水ハザードマップや東海・東南海地震で想定される津波対策として、診療機能のある1階の床レベルを周辺地盤より高く設定し、さらに柱頭免震構造とすることで地下1階の免震ピット層を駐車場として有効利用しています。
施工過程においては、免震装置の下部に高流動のコンクリート(スランプ60)を打設しますが、充填率95%と難易度が高いため、モックアップを作成し、更に他社の施工状況を見学する等、品質向上の取組みを行い、施工に活かしました。