お知らせ

Web会議システムによる「2021年度TSUCHIYAグループ安全大会」開催のご報告

2021年7月7日

  TSUCHIYAグループは全国安全週間準備期間(6月1日~6月30日)に「TSUCHIYAグループ安全大会」をTSUCHIYA安全協力会と共同で開催いたしました。
昨年度に引き続き、新型コロナウイルス感染症対策として、Web会議システムを利用して開催しました。岐阜、名古屋、東日本、西日本、海外、JAPAN AVIATION SERVICE㈱、㈱土屋産業、㈱土屋R&Cの全8回、合計協力会会員352社361名、グループ職員303名の計664名の方に参加いただきました。

 

 開会宣言の後土屋会長より「本年度も協力会の皆様のご協力により無事重大災害0を達成できました。ご協力に感謝いたします。昨年に引き続き、本年もWeb会議システムによる安全大会の開催とさせていただきました。まだまだ緊急事態宣言・まん延防止措置が発令されており、大勢での会合は難しい状況です。これからも積極的にDXを駆使すべく、社内で委員会を立ち上げており、Web会議のみでなく、ロボット化や新工法等の技術を皆様と共に取り入れていきたいと考えています。
昨年から、新型コロナウイルス感染症対策も安全管理の一つとして評価されております。病気ですから一人も罹らないということは難しいと思いますが、大切なことはクラスターを発生させないことと考えています。皆様でしっかりと対策を講じていただきますようよろしくお願い申し上げます。」
と挨拶がありました。

 

 その後、各ブロックの担当役員、協力会代表、来賓挨拶があり、中央総括安全衛生管理者より安全衛生管理方針の説明、安全表彰として安全衛生優秀社員13名、安全衛生優良事業者21社、安全衛生優秀職長24名の表彰を行いました。
最後に2021年度安全スローガンである「『作業前準備/確認』と『安全作業の実施確認』全員が作り出す ゼロ災職場」を唱和し安全衛生活動の充実を誓いました。
TSUCHIYAグループは今後も協力会会員と職員が一丸となり、安全衛生活動を展開していく所存です。
労働災害の防止及び、安全で快適な職場の形成に尽力し、店社・作業所・協力会会員の全員が安全・安心に笑顔で働ける「危険ゼロ」の快適な作業環境の形成を目指して参ります。