お知らせ

Web会議システムを利用して入社式を行いました。

2021年4月2日

 TSUCHIYAグループは2021年4月1日、2021年度入社式を開催致しました。今年度も昨年に引き続き、三密を回避するため参加者が一堂に会することなく各拠点に分散し、検温・消毒・換気・ソーシャルディスタンスの確保等、感染対策を徹底した上で、拠点ごとにWeb会議システムを利用しての開催となりました。

 今年度は新入社員31名を迎えました。式ではまず新入社員への辞令授与が行われ、同時に新入社員一人一人カメラに向かって簡単な挨拶をして頂きました。

 その後、土屋会長より「入社おめでとうございます。コロナ禍によりこのようなWeb会議システムを利用しての開催となりました。しかし、コロナ禍だから仕方なくではなく、コロナ禍以後も対面の必要がある場面、ない場面を見極めて時代に合わせた手法を採ることが重要であります。私の座右の銘は『困った時こそ、しめたと思え』です。私が社長に就任した頃、大変お世話になった方からいただいた言葉です。困った時こそ今後についてじっくり考えることができるということです。このような時期だからこそよく考え、今後の飛躍に繋げましょう。」と挨拶があり、新入社員は真剣な面持ちで聞き入っておりました。
 厳しい状況ではありますが、TSUCHIYAグループは新入社員31名の新しい世代の発想を取り入れ、継続して発展できる企業を目指して参ります。


▲Web会議システムを利用した入社式(東京本社)


▲辞令授与(大垣本店)


▲名古屋支社